トヨタカップとは


       <スポンサードリンク>


 トヨタカップは正式名称をトヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ(TOYOTA European/South American Cup)と言い、インターコンチネンタルカップを引き継ぐ形で1980年から開催。

 インターコンチネンタルカップは、サッカーの二大勢力であった欧州と南米のサッカークラブ世界一決定戦の計画が持ち上がっていた1956年、UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)の南米版としてコパ・リベルタドーレスが始まり、同年に欧州と南米のサッカークラブ世界一決定戦としてスタート。

 インターコンチネンタルカップは、当初ホーム・アンド・アウェー方式で行われていましたが、サポーターの過熱化等により暴動が深刻化。また、選手の移動スケジュール等も次第に問題に。

 70年代からは欧州チャンピオンのクラブが遠征の負担などを理由に出場を次々と辞退する事態も起こり、1975年と1978年には開催自体が中止に。

 そこで、1980年度(開催は1981年2月)から、中立地そして第3国の日本でトヨタ自動車がスポンサーとなって大会名もトヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ(TOYOTA European/South American Cup)、通称トヨタカップとして開催。

 そのトヨタカップも2004年度の大会を最後に、それまで2000年の1度しか開催されていなかったFIFAクラブ世界選手権(現・FIFAクラブワールドカップ)に統合する形で終了。

運営方式

 インターコンチネンタルカップ時代の1960年から1979年まではホーム・アンド・アウェー方式の2試合で行われ、勝ち点制が導入。2試合を行って勝ち点が同じの場合は、2試合目を行ったチームのホームでプレーオフが開催。

 しかし、その制度は第2戦を行ったチームに有利なものであったため、1967年からプレーオフの開催地を第2戦を行った大陸の第3国とし、1968年からはアウェーゴールルールも導入された。

 トヨタカップとなってからの1980年からは国立霞ヶ丘陸上競技場(2002年より横浜国際総合競技場)の1戦のみで勝敗を決するようになり、90分で決着がつかない場合にはシルバーゴール方式で試合が行われた。

(ウィキペディアより一部引用)

<スポンサードリンク>

クラブワールドカップとは

トヨタカップ

クラブワールドカップ2008概要

クラブワールドカップ2008
出場クラブ

クラブワールドカップ2007
出場クラブ

クラブワールドカップ
歴代決勝戦

クラブワールドカップ
(トヨタカップ含)
歴代優勝クラブ

リンク

     

Yahoo!検索

ごあいさつ

当サイトについて

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 FIFAクラブワールドカップ(旧トヨタカップ)歴代優勝クラブ名鑑. All rights reserved